トップページ > 巡礼の仕方

寺院では、法事や祈祷などの仏事を修法しております。観光気分で訪れ、他の参拝者の迷惑にならないようご注意ください。また、写真撮影も構いませんが、狭いところでの三脚の利用 や、通路以外の場所へ入っての撮影などはお控えください。
寺院は仏さまをお祀りしている聖域です。動機がどのようなものであっても、お寺へ訪れることは「仏さまにお参り」をしているのだということだけは忘れないで欲しいと思います。 ほかにも、寺院ごとに決められた規則があります。せっかくのお寺参りで、自分の心を汚すことのないよう、心がけてご参拝ください。

標準的なお参りの仕方を紹介いたします。各寺院により異なる点もありますが、基本として 心得ておくと、より気持ちよくお参りいただけますので、参考になさってください。

 
  お参りの作法
 
入山
お寺に着いたら入山する前(山門や階段などお寺の入口)に、まずは合掌一礼をし、帽子等をとり右足から入山します。
身を清める
寺内に清め場があれば、手を洗い身を清めます。
お不動様とのご縁を結ぶ
お堂の前には供養塔があり、善の綱(お手綱)というお不動さまの御手とお参りする私たちとのを結ぶ紐が結ばれていますので、綱をにぎり、お不動さまとのご縁を結びましょう。
賽銭(さいせん)
お堂の前に賽銭箱があれば、お賽銭をいれます。これはお金という、いわば私たちの欲を祓(はら)う・捨てるという意味もあるのです。そうして清々しい気持ちで静かに合掌礼拝します。
納経(のうきょう)
納経には、写経(しゃきょう)と読経(どきょう)の二通りがあります。写経は納経所へ収めます。読経の場合は心静かにお経をお唱えします。(般若心経など)。お堂内へは上れる場合と入れない場合がありますので注意が必要です。
御朱印(ごしゅいん)
お参りがすみましたら、お寺で御朱印をいただきます。御朱印はお参りなさった方を証明する大切な印です。本来はお経などを写したもの(写経)を納め、御朱印を頂戴したものですので。丁重にお願いすることをおすすめします。単なるスタンプ集めでは困ります。寺院によっては、お参りする前に、受付でお願いしておくといいかもしれません。
なるべく御朱印代金はお釣り銭がないようにご用意ください。
下山
お寺を出て(山門や階段などお寺の入口を出て)振り返り、もう一度合掌一礼をします。
 
  札所での注意事項
 
●立ち入り禁止の場所へは入りませんようご注意ください。
●境内では禁煙を心がけ、大きな声はなるべく控えましょう。法要等を行っている場合がありますのでご注意ください。
●境内で昼食などをとる場合は、なるべく一声お掛けいただくことをおすすめします。またゴミ等は必ずお持ち帰りください。
 

 

Copyright c 2017 三浦不動尊霊場会 - miura28.net