トップページ > 札所一覧> 三浦不動尊二十三番 玉蔵院
三浦不動尊第二十三番 守護山 玉蔵院
自動車のルート案内 徒歩のルート案内 電車とバスのルート案内
 
 
 
 
〔ご詠歌〕
いく度も まいる心は守護山の
御利益受けて 帰える嬉しさ

天平勝宝年間(749〜757)に奈良東大寺の別当、良弁僧正の開基と伝えられる葉山町最古の古刹である。また境内には文化財等も多く、寛文5(1665)年の雌雄がわかる三猿の庚申塔や、葉山町の天然記念物に指定されている大銀杏などがある。明治37年には、歌人若山牧水が療養のため1ヶ月程滞在した記録が残されている。

山号・名称 守護山 玉蔵院
宗派 高野山真言宗
本尊 大日如来
所在地 三浦郡葉山町一色2154
電話 046-875-3531
交通 京急線「新逗子駅」より京急バス「旧役場前バス停」下車すぐ
駐車場 普通車:15台/バス:大型可
トイレ 外トイレ有り
写真撮影 境内:可/本堂内:可/本尊:可
その他  
現在はありません
 

 

Copyright c 2017 三浦不動尊霊場会 - miura28.net