トップページ > 札所一覧> 三浦不動尊十八番 正住寺
三浦不動尊第十八番 宝林山 正住寺
自動車のルート案内 徒歩のルート案内 電車とバスのルート案内
 
 
 
〔ご詠歌〕
影高き 法の林を仰ぎなば
身に幸福ひらく 露や宿らん

当寺は、京都の銀閣寺を建立した足利義政を開基と伝える。しかしその後、幾多の転変を経て明治中期にこの地に移ってきた。堂内は赤く塗った結界で内・外陣が仕切られていて、正面中央の間の厨子に定印観音、右側の厨子に地蔵尊、そして左側の厨子に不動明王が祀られている。観音像は足利義政公の守り本尊と伝えられており、如来像の様に印を結んでいるので定印観音と呼ばれている。三浦観音霊場・三浦地蔵尊霊場、そして三浦不動尊霊場と、すべての札所になっている点に、往時の栄華をうかがい知ることができる。

山号・名称 禅林山 正住寺
不動尊の通称 宝林不動尊
宗派 浄土宗
本尊 定印観世音菩薩
所在地 横須賀市林5-1-5
電話 046-856-7788
交通 京急線「逗子駅」より京急バス「林四ツ角バス停」下車・徒歩5分
駐車場 普通車:3台/バス:不可
トイレ 屋内利用可
写真撮影 境内:可/本堂内:可/本尊:可
その他 午前7時30分〜8時30分まで通学路
現在はありません
 

 

Copyright c 2017 三浦不動尊霊場会 - miura28.net